断言します。カラオケの高得点が取れても、プロ志向では無意味です。貴方の目的に合ったボイトレを!

カラオケで高得点をとれる歌い方をしても、歌が上手い事の証明にはなりません。
人に聞いてもらってこそのプロ志向とは、かなりずれています。

カラオケをボイストレーニングで使う場合、基礎の基礎「正しい音程を取る」ことに役に立つかもしれませんが、
それ以外は無意味。「正しい音程を取る」のも、元の音が大きくて取れた気になってしまうことも多いです。

ガイドメロディのリズムは、音符のピンポイントで音が鳴りますが、
プロ志向だと音は”ピンポイントの場所”では鳴りません。
タメや発声法、息遣いなど、様々な要素でかわります。

そのほかよくある、しゃくりやビブラートも、
「音程が細かく動いている箇所を測定」等、
しゃくりやビブラートの解釈、根本が間違っていることが多いです。

もちろんカラオケの高得点をとること=カラオケ自体を楽しむことを否定しているわけではありません。
プロでは役に立ちませんが、カラオケを楽しむ事は悪いことでははありません。

貴方が習いたいボイトレ教室を選びましょう!

 

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , ,