高い声を出す=音域を広げる基本的なコツ!声を絞り出している時点でダメ!体の力を抜くのがポイント!

音域を広げる基本的、かつ重要なポイントは大きく分けて2つあります。

まず1つ目。「力まずに声を出す」ことです。
高い声を出すのに必死になる必要はありません。

私たちは普通に話している時、力まずに発声できています。
その感覚と歌っているときの感覚が近くなればなるほど「力まず楽に声を出している」というひとつの目安になります。

そして2つ目は「声量をあげない」ことです。
高い声が出せていない人は、『高い音のフレーズ(サビなど)になると声のボリュームが上がる』という歌い方の人が多いです。

例えば鼻歌に近い小声で音程の高い部分を歌うことができるのであれば、本来あなたはその音は出せるということです。
その声量で曲の最初から最後まで歌ってみると、「声量をあげずに歌う」感覚をつかめるはずです。

その感覚になれてくれば 意外と簡単に出せることに気づけると思います。

力まない。声量をあげない。意識すると、体に余計な力が入らなくなります。
歌う時、体はリラックスしているのが基本です。
何度も繰り返してその感覚をつかんでいきましょう!

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , , , ,