タグ: ボイトレ

歌う時に何を意識するのか?その発想がすでに間違っていることに気づいたほうがいい。

歌を歌う時に何を考え、何を意識していますか?
よくあるのが…

音程がちゃんと取れているか?高い声が出ているか?
歌詞は間違っていないか?
息継ぎのタイミング
聞いてもらっている人のリアクション

等々。
他にもいろいろなことを考えながら歌っている方も多いと思います。

ですが、これらの基本的に考えるべきではありません。
考えている事は思っている以上に、見ている人に伝わります。

歌詞や音程などは、練習すれば絶対に覚えるものです。
時折、歌詞が飛んでしまうことがあるとは思いますが、
それは忘れるとはかなり違った感覚です。

相手のリアクションをうかがうのも良くありません。
聞き手は自信をもって歌う貴方を見に来ていることがほとんどです。

余計なことを考えず、自然に歌うのがベストです。
それには何を置いても練習。貴方の音楽を体に沁み込ませましょう。

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , , ,

体験レッスンに行くとき準備するものってある?ほとんど無いけどアレを1つ決めて行こう!

どのボイストレーニング教室でも、体験レッスンは必ず行っています。
大体無料ですが、ごくまれに有料な教室もあるのでご注意を。
有料は珍しいので後回しで。有料だからいいというものではありません。

体験レッスンにて必ず行われること。
ほぼほぼ、何らかの曲を歌います。
私は初めて体験レッスンに行った際はあまり何も考えておらず、
その場で歌う歌を決めました。結構慌てました。

そんな事がないように、「歌う歌」を一つ決めておくとよいでしょう。
好きな歌、歌いたい歌を選びましょう。

歌自体の難しさはあまり関係ありません。
「持って行った歌を(講師側が)うまく歌えるか」で、
ボイストレーナー側の歌唱力もわかるかもしれません。

やはり歌の上手い講師に習いたいものですね。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , , ,

敢えてかけたりするものではない!ビブラートに関する基礎知識!

ビブラートは理想的な発声状態で、無意識で自然にかかるものです。
よく動画などで見る、歌詞の語尾を音を揺らす練習などまったくの間違いです。

ここでいう理想的な発声とは、十分な声帯伸展と声門閉鎖、呼気圧といった諸条件が揃っていることを指します。
声帯の開閉部位置が呼気の進行方向に揺動するために生じます。

語尾に揺らぎっぽい発声を付け加えても、
聞く人が聞けばうさんくさいのが伝わります。
再生数を稼ぐ動画に騙されて、無意味な練習などしないように!

自然なビブラートを出すためにも、基本的な発声練習を怠らないようにしましょう!

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , , , , ,

家ではどういうボイストレーニングをするべきか?せっかく学んだなら必ず復習を!

どんな凄い先生のもとでボイストレーニングしても、有名なスクールに通っても、
その時しかやらないのではあまり上達しません。
ボイストレーニングを始めたからといって結果を手にしたわけではありません。
しっかり復習することも大事です。

ちなみに大体のボイトレ教室ではレッスン中の録音が許可されています。
家でもしっかり反復練習して、実力UPにつなげていきましょう!

「家ではどういうボイストレーニングをするべきか?」
その答えは貴方の歌を聴いてくれた人に聞くのが一番です。

ネット上の動画や、書籍などの知識は間違っている可能性もあります。
貴方の歌に適しているかも不明です。

体験レッスンは無料で行っているところが多いです。
1度貴方の歌を聴いてもらって、貴方に合った練習方法を確立しましょう!

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , ,

「ボイトレ講師自体の歌唱力」が重要な理由を3つのポイントで解説!質の濃いボイトレを受けよう!

レッスン内容のレベルが高い

例えばプロの世界を経験した人が行っているボイトレはレベルが高く、
プロで通用する実績もあるので、余計な遠回りなく上達できます。
逆に、プロ以外のほとんどの人は「音楽の世界で食べていけなかった人」で、
そういった講師が行うレッスンもその程度のレベルです。

ボイトレでは講師の歌唱を間近で聞くことが多い。

レッスン時に「こうやって歌う」と、講師から直に歌声を聞くことは貴重な体験です。
高い歌唱力の講師の歌を聴くことは、感覚的な成長の手助けにもなります。
歌唱力の低い講師だと「こういう風に歌ってみて。(私はできないけど)」といったこともあり得ます。
嘘みたいな話ですが、「講師の歌が下手」は割とあります。

将来的にプロの道に進むきっかけも得られやすい。

歌唱力が高く、プロ等、「仕事で歌を歌った事のある講師」は、それなりのコネクション、つながりを持っています。
貴方のやる気、実力次第では、そういったルートを紹介してもらえる可能性もあります。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , ,

講師の名前をyoutubeで検索。それを聞いてから、教室を決めても遅くはない。

ボイトレ教室の講師の一部は、youtube等で動画を上げています。
講師の動画があれば必ずチェックしましょう。
自分にあってる人を探すという点でも、
事前に講師の歌を聴くことはお勧めです。

中にはあまりうまくない歌を、自信満々に上げている方もいます。
「教えるのと実際歌うのは別」なんてことを聞きますが、
自分でできないことを人に教えるのは困難です。

レッスンで「こういう風に歌ってみて。私はできないけど。」という講師から習いたいですか?

ちなみにコメント欄は身内ばかりで、参考にならないことも多いです。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , ,

断言します。カラオケの高得点が取れても、プロ志向では無意味です。貴方の目的に合ったボイトレを!

カラオケで高得点をとれる歌い方をしても、歌が上手い事の証明にはなりません。
人に聞いてもらってこそのプロ志向とは、かなりずれています。

カラオケをボイストレーニングで使う場合、基礎の基礎「正しい音程を取る」ことに役に立つかもしれませんが、
それ以外は無意味。「正しい音程を取る」のも、元の音が大きくて取れた気になってしまうことも多いです。

ガイドメロディのリズムは、音符のピンポイントで音が鳴りますが、
プロ志向だと音は”ピンポイントの場所”では鳴りません。
タメや発声法、息遣いなど、様々な要素でかわります。

そのほかよくある、しゃくりやビブラートも、
「音程が細かく動いている箇所を測定」等、
しゃくりやビブラートの解釈、根本が間違っていることが多いです。

もちろんカラオケの高得点をとること=カラオケ自体を楽しむことを否定しているわけではありません。
プロでは役に立ちませんが、カラオケを楽しむ事は悪いことでははありません。

貴方が習いたいボイトレ教室を選びましょう!

 

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , ,

レッスンコース内容、「マンツーマンレッスン」「グループレッスン」について。受講回数の無駄遣いになっていませんか?

「マンツーマンレッスン」
生徒と講師が1対1で学ぶ形式。ほとんどのボイトレ教室はこの形態です。
個人個人の曲を先生がじっくり聞いてレッスンしていくので、無駄がありません。

「グループレッスン」
複数人が同時にレッスンを受ける形式。講師は一人です。
基本的なこと全体でやったり、それぞれが歌ってみるなど、時間の消化、浪費が多いです。
バンド単位や知人と一緒などならまだしも、一人で行って複数人で受けることにあまり意味は感じません。
ただ、人と人とのつながり、コミュニティが作れるのは最大の利点です。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , ,

体験レッスンは必ず受けよう!できれば候補の学校をいくつか決めて、複数校受けよう!

大体のボイトレ教室は、初めの来校の内容に体験レッスンが含まれています。
そこで大体のレッスン内容や教室のイメージがつかめます。

ただ、1つ目の教室をいい教室と感じても、決めてしまわないほうが良いです。
なぜなら他を知らないから。ほかの教室の方がもっとあなたに合っているかもしれません。

「体験レッスンと同時入会なら割引」なんてシステムを取っている教室もありますが、
レッスン内容に自信があるなら、そんなことをする必要はありません。
焦って入会させようとする教室にはご注意を。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , ,

お金は大事!ボイストレーニング教室を選ぶ際の値段の相場!

ボイストレーニング教室を選ぶ際の、値段の相場について。

マンツーマンレッスンでの値段の相場は、大体1時間3000円~6000円前後です。
もちろん、「高い=質がいい」というわけではありません。

3000円以内の教室はただの歌うだけの、
カラオケ教室で終わってしまっていることが多いです。
内容が薄すぎます。

逆に1時間6000円を超えると高額に感じます。
「いい講師から習うと高くなる」という印象はありますが、
そんなにいい講師ならプロでの活動履歴があるのか、チェックしたほうが良いです。
自分でできないことを他人には教えられません。

ボイストレーニング教室は数多くあるので、
少しでも料金に疑問に感じたら、違うスクールの体験を受けてみるのも手ですよ。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , ,