タグ: ボイトレ

ボイストレーニングに通っている貴方!より成果を得られる上達法を伝授します!

今回は既にボイストレーニングに通っている人に向けての内容です。

学校での勉強もそうですが、どんな凄い先生のもとでボイストレーニングしても、有名なスクールに通っても、
その時しかやらないのではあまり上達しません。
ボイストレーニングを始めたからといって結果を手にしたわけではありません。
しっかり復習することが大事です。

大体のボイトレ教室ではレッスン中の録音が許可されています。
家でもしっかり反復練習して、実力UPにつなげていきましょう!

「家ではどういうボイストレーニングをするべきか?」
その答えは貴方の歌を聴いてくれた人に聞くのが一番です。

ネット上の動画や、書籍などの知識は間違っている可能性もあります。
貴方の歌に適しているかも不明です。万人に聞く上達法があるのなら、
テレビで下手な歌手が歌う事などありえません。

体験レッスンは無料で行っているところが多いです。
1度貴方の歌を聴いてもらって、貴方に合った練習方法を確立しましょう!

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , ,

実際にボイトレ教室に通っているのはどんな人?プロ志向だけじゃない!老若男女様々な人が音楽を楽しんでいます!

ボイストレーニング教室には、実際どういった人が通っているのか?
アーティストを目指すプロ志向の人だけではありません。
趣味として気軽に通っている人もたくさんいます。

ボイストレーニングは、歌が得意な人が「プロで通用するようにさらにうまくなるため」というイメージがあるかもしれませんが、
実際は「歌が上手くなりたい」という気軽な気持ちで通っている人の方が多い印象です。

以下のような簡単な理由で通っている人もいます。
・単純に歌うのが好きだから、少しでもうまく歌えるようになりたい。
・カラオケがうまくなりたい。音痴を治したい。
・腹式呼吸を習得したい。滑舌を良くしたい。
・大きな声を出す事でのストレス発散。健康維持。

等など。歌が上手くなることにデメリットはありません。
体験レッスンは無料のところが多いので、
少しでも気になったなら、気軽に行ってみるのをお勧めします。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , , , ,

「ボイトレ講師の歌唱力」が重要な理由を3つのポイントで解説!質の濃いボイストレーニングを受けよう!

実際体験レッスン等に行ってみないとわからないところではありますが、
ボイトレ教室を選ぶにあたり、「ボイトレ講師の歌唱力」は重要なポイントです。

レッスン内容のレベルが高い

例えばプロの世界を経験した人が行っているボイトレはレベルが高く、
プロで通用する実績もあるので、余計な遠回りなく上達できます。
逆に、プロ以外のほとんどの人は「音楽の世界で食べていけなかった人」で、
レッスンもアマチュアレベルです。教えている事を、講師が出来ないという事はよくあります。

講師の歌唱を間近で聞くことが多い

レッスン時に「こうやって歌う」と、講師から直に歌声を聞くことは貴重な体験です。
高い歌唱力の講師の歌を聴くことは、感覚的な成長の手助けにもなります。
嘘みたいな話ですが、「講師の歌が下手」は割とあります。
高校の英語教師が実際の英語を話せない感覚に似ているかもしれません。

将来的にプロの道に進むきっかけも得られやすい

歌唱力が高く、プロ等、「仕事で歌を歌った事のある講師」は、それなりのコネクション、つながりを持っています。
貴方のやる気、実力次第では、そういったルートを紹介してもらえる可能性もあります。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , ,

講師の名前をyoutubeで検索。講師の歌声を聞いてから、教室を決めても遅くはない。

ボイトレ教室の講師中には、youtube等で動画を上げている方もいます。
講師の動画があれば必ずチェックしましょう。
自分にあってる人を探すという点でも、
事前に講師の歌を聴くことはお勧めです。

中にはあまりうまくない歌を、自信満々に上げている方もいます。
「教えるのと実際歌うのは別」なんてことを聞きますが、
自分でできないことを人に教えるのは困難です。

レッスンで「こういう風に歌ってみて。(私はできないけど)」という、
教え方をしている講師は意外にも多いです。
歌の世界で成功できなかった人が、
音楽の世界で生きていきたいがために、
講師になるケースもあるようです。

歌の下手な講師から習いたいとは誰も思いません。
聞ける近況があるなら、歌を聞いてみるのをお勧めします。
ちなみにコメント欄は身内ばかりで、参考にならないことも多いです。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , ,

断言します。カラオケの高得点が取れても、プロの世界では無意味です。貴方の目的に合ったボイトレを!

カラオケで高得点をとれても、それは歌が上手いわけではありません。
人に聞いてもらってこそのプロの世界とはかなり違うものです。

カラオケをボイストレーニングで使う場合、基礎的な「正しい音程を取る」ことに役に立つかもしれませんが、
それ以外はあまり意味はありません。
「正しい音程を取る」のも、
元の音が大きくて取れた気になってしまうことが多いです。

ガイドメロディのリズムは、音符のピンポイントで音が鳴りますが、
プロ志向だと音は”ピンポイントの場所”では鳴りません。
タメや発声法、息遣いなど、様々な要素で変わっていきます。

その他よくある採点基準、しゃくりやビブラートも、
「音程が細かく動いている箇所を測定」等、
しゃくりやビブラートの解釈、根本が間違っていることが多いです。

もちろんカラオケの高得点をとること=カラオケ自体を楽しむことを否定しているわけではありません。
プロの世界ではあまり役に立ちませんが、カラオケを楽しむ事は悪いことでははありません。

貴方の目的にあったボイトレ教室を選びましょう!

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , , ,

「マンツーマンレッスン」「グループレッスン」の違いについて解説!本当に受けたいレッスンを受けよう!受講回数の無駄遣いになってませんか?

「マンツーマンレッスン」
生徒と講師が1対1で学ぶ形式。ほとんどのボイトレ教室はこの形態です。
個人個人の曲を先生がじっくり聞いてレッスンしていくので、無駄がありません。

「グループレッスン」
複数人が同時にレッスンを受ける形式。講師は一人です。
基本的なこと全体でやったり、それぞれが歌ってみるなど、時間の消化、浪費が多いです。
バンド単位や知人と一緒などならまだしも、
一人で行って複数人で受けることにあまり意味は感じません。
ただ、人と人とのつながり、コミュニティが作れるのは最大の利点です。

中には料金プランの中にグループレッスンが組み込まれているものもあります。
一般的にはマンツーマンレッスンのみの学校が多いので、
必要ない場合は講師と相談してみましょう。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , ,

体験レッスンは必ず受けよう!できれば候補の学校をいくつか決めて、複数校受けよう!

大体のボイトレ教室は、体験レッスンが含まれています。
そこで大体のレッスン内容や教室のイメージがつかめます。
多くの学校で無料のことが多く、体験レッスンを経て入校になる学校がほとんどです。

1つ目の教室をいい教室と感じても、決めてしまわないほうが良いです。
ほかの教室の方がもっとあなたに合っているかもしれません。
お金や時間を払って通うものなので、
色々な学校を回ってみて、自分に合った学校を探すことをオススメします。

「体験レッスンと同時入会なら割引」なんてシステムを取っている教室もあります。
レッスン内容に自信があるなら、そんなことをする必要はありません。
焦って入会させようとする教室にはご注意を。

女性の講師で「え~!?入会してくれないんですかぁ?」なんてことも言われたことがあります。
入会は慎重に。自分に合った学校を納得して選びましょう。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , ,

やっぱりだれでもお金は大事!ボイストレーニング教室を選ぶ際の値段の相場!安かろう悪かろうに注意!

ボイストレーニング教室を選ぶ際の、値段の相場について。

マンツーマンレッスンでの値段の相場は、大体1時間3000円~6000円前後です。
もちろん、「高い=質がいい」というわけではありません。

3000円以内の教室はただの歌うだけの、
カラオケ教室で終わってしまっていることが多いです。
レッスンの内容が薄すぎます。

逆に1時間6000円を超えると高額に感じます。
「いい講師から習うと高くなる」という印象はありますが、
そんなにいい講師ならプロでの活動履歴があるのかチェックしたほうが良いです。
基本的に自分でできないことを他人には教えられません。
講師の歌をよく聞いてみましょう。
そんなに歌がうまくないと感じたらその教室はやめておきましょう。

ボイストレーニング教室は数多くあるので、
少しでも料金に疑問に感じたら、違うスクールの体験を受けてみるのも手ですよ。

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , , , ,

歌に自信のない人のほとんどが、フレーズの歌い終わりが曖昧でふらついています。簡単なコツ、意識改革で解決できます!

フレーズの歌い終わり、歌を切るタイミングでは、
歌い出しのフレーズに比べて、歌の語尾は曖昧にしてしまいがちです。

まず、歌を切るポイントや、歌をどこまで伸ばすかを意識することが大事です。
フレーズの語尾を曖昧に歌ってしまうと、語尾の音程が悪くなったり、語尾がふらついてしまったりします。
歌に対する自信のなさも現れてしまいます。

『腹式呼吸』で発声できておらず、息が続かなくなって声がふらついてしまう人も多いです。
首や肩・胸などに力が入り、それに伴い発声に関わる筋肉が硬くなり、喉が閉まり『息継ぎ』が浅くなります。
しっかり声を出すときの力の重心を低くするよう意識してみましょう。

難しい発声法などを抜きにしても、フレーズの語尾をしっかり意識して歌うだけで、
聞いている人への印象が大きく変わってきます。

 

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , , , ,

混同してしまいがちな話し方教室とボイトレ教室の違い!プロの仕事を見れば明らかです。

ボイトレスクールにおいて、
アナウンサーのような流暢な発声を鍛える教室と、
歌を鍛える教室は良く混同されてしまいます。
ごくごく基本的なところで共通な部分はありますが、
アナウンサーと歌手の発声はまったく違うものです。

非常にわかりやすい話で…

売れるレベルで歌のすごくうまいアナウンサーを知っていますか?

普段のトークで人一倍聞き取りやすく流暢に話す歌手を知っていますか?

私は知りません。
TVで歌うアナウンサーを上手いと思ったことはないですし、
歌手のMCを流暢で聞きやすいと感じたこともないです。

つまりこれらは「声を出す」ことが同じなだけで、全くの別物なのです。

中には「どちらでもいけます!アナウンサーにも歌手にもなれます!」というような、
謳い文句で宣伝されている教室があります。
当然ですがそんなに簡単な甘いものではありません。

貴方の本当に学びたいことが学べる教室を選びましょう!

Filed under: ボイトレ教室の選び方Tagged with: , , , ,