タグ: 腹式呼吸

歌に自信のない人のほとんどが、フレーズの歌い終わりが曖昧でふらついています。簡単なコツ、意識改革で解決できます!

フレーズの歌い終わり、歌を切るタイミングでは、
歌い出しのフレーズに比べて、歌の語尾は曖昧にしてしまいがちです。

まず、歌を切るポイントや、歌をどこまで伸ばすかを意識することが大事です。
フレーズの語尾を曖昧に歌ってしまうと、語尾の音程が悪くなったり、語尾がふらついてしまったりします。
歌に対する自信のなさも現れてしまいます。

『腹式呼吸』で発声できておらず、息が続かなくなって声がふらついてしまう人も多いです。
首や肩・胸などに力が入り、それに伴い発声に関わる筋肉が硬くなり、喉が閉まり『息継ぎ』が浅くなります。
しっかり声を出すときの力の重心を低くするよう意識してみましょう。

難しい発声法などを抜きにしても、フレーズの語尾をしっかり意識して歌うだけで、
聞いている人への印象が大きく変わってきます。

 

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , , , , ,

家にいる時間に基礎知識を固める!発声に必須な「腹式呼吸」を「胸式呼吸」との違いを含めて解説!

家では自由に発声練習が出来ない方もいると思いますが、
そういった時間を使って基礎知識を固めましょう。

発声においてよく聞く腹式呼吸と胸式呼吸。
同じ呼吸でも、使う部分が違うこともあり大きく違うものです。
歌唱における発声に使うのは腹式呼吸です。
基礎的な知識も踏まえて発声練習に活かしましょう。

胸式呼吸

肺を覆っている肋骨が広がる事により、肺が横に膨らむ呼吸です。
呼吸時に胸や肩、首の筋肉を使うので、その部分は力が入って緊張状態から硬くなりがちです。

腹式呼吸

みぞおちの上部にある横隔膜が下がる事により、肺が広がる呼吸です。
息を吸うと横隔膜は下がり、肺の下に空気が入る事でお腹が膨らみます。

腹式呼吸が良い理由

胸式呼吸は、胸部周辺の狭い範囲での呼吸なので、肺にたくさん空気を入れる事ができません。
吐く息の量が少なく、大きな声を出そうとした時に力みやすくなってしまいます。
一方、腹式呼吸は、横隔膜が下がり胸部からお腹周辺にまでたくさん空気を入れる事ができます。
入る空気が多い分吐く息の量も多いので、余分な力みが入る事なく安定した声を出す事ができます。

慣れないうちはしっかり体の下から息、声を出すことを意識しましょう!

Filed under: ボイトレ基礎知識Tagged with: , ,